お菓子御殿でべに芋タルトの手作り体験

御菓子御殿の恩納村店

3日目は、リーガロイヤル沖縄のグスクというレストランを食べてから、車で15分くらいの距離にある御菓子御殿の恩納村店に行きました。

御菓子御殿は、沖縄を車で走っているといろんなところで見かけるお店で、紅芋タルトで有名です。

私たちが行った恩納村店は、見た目が首里城のような外観になっていてインパクトがあるので、前を通りがかればすぐに分かります。

御菓子御殿に行ったのは、土産物を買いに行ったというわけではなくて、子供に紅芋タルトの手作り体験をさせるためです。

紅芋タルトの手作り体験をするには、前日までに予約が必要ですので、興味のある方は、必ず事前に電話して予約をしておきましょう。

さて、少し速く御菓子御殿に到着したので、店の中にあるオーシャンビューの「ビーチテラスカフェダイヤモンドブルー」に行きました。

ビーチテラスカフェダイヤモンドブルーから見える沖縄の海(南シナ海)

ここでも綺麗な海が見られて、沖縄に来たなぁと感じることができます。テラス席には若いカップルがいました。うらやましい〜。

ダイヤモンドブルーのテラス席

ケーキとかチャーハンとかの食事メニューや南国ならではのトロピカルドリンクなども揃っていました。私は南国に来たらドリンクはトロピカルドリンクと決めているので、紅芋のトロピカルドリンクを注文しました。

紅芋のトロピカルドリンク

味は、うーんって感じでしたね。変わった素材を使った食べ物とか飲み物って面白いんですけど、あまり美味しくないことが多いですね。

さて、腹ごしらえが終わったところで、いよいよ手作り体験のスタートです。

作りたての紅芋タルトは超おいしい!!

手作り体験で利用するタルトの材料は、1階の工場で作られている一般に販売されているものと全く同じ物を使います。

手作り体験と言っても、ほとんどが出来上がった状態で用意されていて、生地の上にクリームを乗せていくだけなので、その点はいまいちでした。

公式ホームページには所要時間が約2時間と書いてあったので、けっこう本格的に材料からいろいろ作るんだと期待していたので、ちょっとがっかりです。

実際の作業時間は20分くらいしかありません。作り終わった後に、スタッフの方が焼いてくれるのですが、その待ち時間を合わせて2時間ということのようです。

私が行った時は人が少なかったので、その待ち時間も短くて1時間半くらいで全ての作業が終わって紅芋タルトができあがりました。

あらかじめ型にタルトの生地が載せられていて、それを伸ばして、その上に紅芋のタルトのソースをクルクルと乗せて作っていきます。

タルトの生地の上に紅芋のソースをくるくると回しながら乗せる

基本的には5回転くるくるとやるのですが、ニコちゃんの顔を書いたり量さえ適度に合っていれば自由に形を作ってもできるとのことだったので、顔の形にしてみたりいろいろとやってみました。

でき上がったらこんな感じになります。

焼く前の生の紅芋タルト

少し紅芋のソースというかクリームが余ったので、味見をしてみましたが、紅芋の素材そのものの甘さがあって、美味しかったです。

生なので、ここでその時しか食べることができないらしいので、貴重な体験ができました。

一般に発売されている商品は、防腐剤や添加剤などが入っていて、やっぱり味が全く別物のように変わってしまいます。

作りたての物はなんでも美味しいですよね。

作っている途中に、記念撮影用のかぶりものみたいなのがいくつかあったので、せっかくなので記念撮影。

御菓子御殿でシーサーのかぶり物で記念撮影

御菓子御殿で紅芋のかぶり物で記念撮影

御菓子御殿でべにいものかぶり物で記念撮影

タルトを焼いてもらっている間に、オリジナルの箱を作ります。箱のにマジックで字を書いたり絵を書いたりするだけの事ですが、こういうのがけっこう楽しいし記念に残りますよね。

紅芋タルトを入れるオリジナルの箱を作る

子供達が作った紅芋タルトは、おじいちゃんやおばぁちゃんの良いお土産になるなぁと思いました。

出来上がったタルトをすぐに食べてみましたが、サクサクで超美味しかったです。紅芋タルトは何回も食べた事があるのですが、全く別物のように美味しかったです。

やっぱりどんなに乾燥剤を入れて包装しても、どうしても湿気が入ってしまってサクサク感がなくなってしまうのですね。

ちなみに、焼き上りまでの時間が待てない人は、その日の夕方とか翌日に取りに行く事もできます。

だから、待つ時間が無いという人でも安心して手作り体験はできるのですが、1日経ってから食べるのと、すぐに食べるのとでは味が全く変わっているので、できればできたてほやほやの紅芋タルトを食べることを強くおすすめします。

値段もお手頃ですし、子供も喜ぶし、美味しいタルトが食べられるし、御菓子後殿の恩納村店の紅芋タルトの手作り体験はおすすめですよ。

場所はこちらです。

近くにはANAインターコンチネンタルホテルや観光地で有名な万座毛などがあります。

万座毛などの観光のついでに立ち寄るといいですね。

紅芋タルト作りが終わったら、3日目のホテルブセナテラスにチェックインです。

>> 3日目(ブセナテラスにチェックイン)