初めてのリッツカールトン沖縄!

初めてリッツカールトン沖縄に宿泊

2日目はホテルは、初めてのリッツカールトン沖縄です。お部屋の種類はデラックスツインルーム。

ツインベッドをくっつけて子供が落ちないようにしていただいて、ベビーベッドを入れていただいたので、5人で十分に寝る事ができました。

場所はブセナテラスのほぼ真向かいです。ちょっと山というか丘みたいなところを上がったところにありますので、すぐ近くに海があるというロケーションではないのですが、遠目に海を望める景色も良かったです。

リッツカールトン沖縄の中庭から見える沖縄の海

部屋に備え連れられている備品は言うまでもないですが、至れり尽くせりでしたね。

無料でネスプレッソなども付いていたり、快適に滞在するために必要なものは惜しみなく全て用意されています。

リッツカールトン沖縄の部屋には無料でNespressoが用意されている。

部屋の広さは普通のホテルと同じなのですが、部屋のいたるところに使われている素材・部材が素晴らしいものばかりで、なんとも言えない極上の空間に仕上がっています。

リッツカールトン沖縄で子供のために用意してもらったパジャマ

子供たちにもこんな素敵なパジャマを用意していただいたり。

リッツカールトン沖縄では大人も子供もビーチサンダルを用意されている。

こんな立派なリッツカールトンの代名詞とも言えるライオンのロゴ入りのビーチサンダルまで用意されていたり。

ほんとすごいですよ。沖縄で高級ホテルとして有名なブセナテラスをあらゆる点で凌駕しています。

極めつけはこのスリッパです。

リッツカールトンのふわふわのスリッパ

写真で見るとごく普通のどこにでもあるようなスリッパのように見えると思いますが、履いてみると超フカフカです。

こんなふかふかのスリッパを履いたのは人生で初めてで感動しました。

スリッパにまでこんなにコストをかけるって、やっぱりリッツカールトン凄いわ。

また、夕食の際には近くのレストランなどであれば、送迎をしてもらえます。

送迎ができる範囲の中でおすすめの食事処のリストをいただきました。全然知らないお店がたくさんあったので、お店のレパートリーが一気に増えました。

リッツカールトン沖縄のプール

今回の沖縄旅行は、梅雨の真っ只中で途中で猛烈な雷雨に見舞われたりしましたが、幸いにも3日目の朝は青空が広がったので、リッツカールトン沖縄のプールで遊びました。

リッツカールトン沖縄のプール

大きさは普通なのですが、景色がほんとに美しい。いろいろと計算してこの場所に作ったんだと思いますけど、緑と海のバランスが良く取れていて、ここに来て良かったと思える景色です。

一部分は底が浅くしてあって、子供が遊べるスペースも確保してあります。リッツカールトン沖縄は、子供に対するおもてなしが厚くて、子連れのファミリーにも超おすすめのホテルですね。

リッツカールトンのプールは景色が美しい

朝から綺麗な景色を見ながら思いっきり楽しむ事ができました。

後ろでは外人さんのカップルが人目を気にせずに思いっきりいちゃついてて、それもリゾート気分を盛り上げてくれました(笑)

プールサイドに設置してあるデッキチェアで休憩すると、すぐにスタッフがタオルと水を持ってきてくれたりサービスが素晴らしすぎます。

プールのすぐ横にあるライブラリー

プールの横には開放的なライブラリーがあって、子供向けの本など、なかなか素晴らしい本がたくさん揃えられていました。

本が好きな人だったら、プールとライブラリーだけで1日中楽しめると思います。

青空の下のオーシャンビューの美しいプールサイトで、デッキチェアに横たわりながらお気に入りの本を読むなんて至福の時間ですよね。

リッツカールトン沖縄の朝食

朝食も美味しくいただいて、本当にいいホテルでした。

毎年必ず利用させていただいていて、今年も翌日から宿泊させていただいたブセナテラスと比較しても私の中ではリッツカールトン沖縄の圧勝です。

私の中の順番としては、

リッツカールトン沖縄>ANAインターコンチネンタル万座>ブセナテラス

です。

ブセナテラスはスケールの大きさからくるインパクトは有って、確かにいいところもあるのですが、細かい部分やスタッフのレベルがいまいちなんですよね。

そういう点で、やっぱり世界でも評価されているインターコンチネンタルやリッツカールトンに負けています。

初めて利用させていただいたリッツカールトン沖縄ですが、私の中で沖縄のナンバー1ホテルになりました。

>> 次へ(喜瀬ビーチパレスの居酒屋「ちんぼーら」で夕食)